路線価とは

【当サイトについて】

路線価について初歩的な知識を各項目ごとにご紹介しています!公示価格や計算について、借地権割合や推移などについてわかりやすくご覧頂けます!
路線価には「相続税路線価」と「固定資産税路線価」(一つひとつの土地の固定資産税評価額を決める際の基準となる価格)との2種類があるものの、一般的には「路線価」といえば「相続税路線価」のことを指します。

相続税路線価は、相続税および贈与税の算定基準となる土地評価額で、後ほど説明する公示地価の8割程度が目安とされています。調査は相続税法に基づいて行なわれ、国税庁(国税局)がそれぞれの価格を決定します。

公示地価などが敷地そのものについての価格(単価)なのに対して、路線価は一定の距離をもった「路線」に対して価格が決められます。
つまり、その路線に面する宅地の価格(単価)はすべて同じ(敷地の形状などに応じて個々に補正をする)という考えかたです。ただし、大都市部の幅の広い路線などでは、上り車線側と下り車線側、あるいは道路の途中から別々の異なる価格が付けられる場合もあります。

都市部の市街地では、ほぼすべての路線(公道)に対して価格が付けられるため、その基礎となる調査地点(標準宅地)の数は約41万。後記の公示地価や基準地価における調査地点の10倍を上回る数のため、評価時点は毎年1月1日ですが、これが公表されるのは7月1日となっています。
なお、2007年以前は毎年8月1日に公表されていましたが、これが1か月早められる代わりに、閲覧用の分厚い路線価図の作成が取りやめられました。

全国の 路線価 図(過去3年分)は国税庁のページでみることができます。路線価図には1平方メートルあたりの単価が千円単位で表示されていますので、たとえば図中に「200」とあればその単価が20万円ということになります。

公示価格についての概要や種類について掲載しています。
 公示価格
計算について解説します。
 計算

借地権割合に関して解説します。

 借地権割合

推移に関して解説します。

 推移

 【おすすめ投資ポータルサイト】